MENU

走行距離が10万キロを越えていても買取はしてもらえます

走行距離が10万キロを越えていても買取りはできます

 

愛車を買取査定に出す際に気になる事が走行距離が伸びている事です。

 

一昔前までは車は10万キロ走ったら価値がないと言われてた事があったのは確かです。

 

ですが今の技術力では10万キロを越えていても普通に何のトラブルもなく走りますし、中には30万キロ走り続ける車もあるのです。

 

10万キロは価値がないと言っているのは自動車販売の営業マンです。彼らは車を売るために口八丁で適当な事を言ってくるんです。

 

だから10万キロという固定概念を持ってしまい、買取査定も値段が付かないと自分で思い込んでいるにすぎません。

 

実際に10万キロを超えた車を買取り査定に出してみると意外な高い金額が付く事もあるので下記の記事を参考にしてみてください。

 

 

走行距離が10万キロを越えても買取り査定はちゃんとできますよ!


中古車市場で10万キロ越えの車は多い

中古車市場で10万キロ越えの車は数えきれないほどあります

 

走行距離が10万キロにもなった車は疲れてしまっている印象もありますし、一つの車の買い替えの目安ともなる数字ですので売り物にならないという印象があります。

 

ですが、中古車市場を見てみますと意外にも走行距離10万キロを超えている車は多いのです。

 

実際に中古車販店を集めたホームページを見てみましょう。こういった車が数多く売られています。

 

 

この車の走行距離は47万4000キロですが、ここまで走行距離を重ねていても問題なく走り続けているのです。

 

きちんと日常のメンテナンスを行っていれば、よほどのことが無い限り日本車は壊れる事はないんです。

 

10万キロに届かずに壊れた場合に考えられるのはメンテナンスを正しく行っていない、もしくは全く行っていなかったの2つです。

 

先ほどの過走行と言える車でも値段は付きます。販売店はこの車を仕入れて販売しています。つまりは走行距離は関係なく買取り査定で値段は付くと言う事を証明しています。

 

結局のところ、走行距離というのはあくまでその車の状態を知る目安の一つに過ぎないという事にすぎません。

 

車にとって大事な事は他にも年式や修理の有無、それまでの整備状況などいろいろな要素があるからです。

 

ろくに整備もしない低年式だけど走行距離が3万キロという車よりも、10万キロ走っているけれどもオイル交換などのメンテナンスをきちんとしていて高年式といった車の方が状態が良いといった事が当然の如くあるのです。

 

そもそも、特に日本車の場合は元々の信頼性がとても高く、走行もエンジンの慣らしを終えた5000キロを超えたあたりから調子が良くなってくると言われているくらいです。

 

走行距離10万キロという数字はその印象はともかく走るという事に関してはあまり気にする必要は無いのです。

 

その証拠が中古車市場で見る事の出来る走行距離10万キロ超えの車の多さでもありますし、決定的な車の買い替えのタイミングは「エアコンが故障したから」という理由が一番多いという調査結果から見る事も出来ます。

 

もし愛車が10万キロを越えている場合であったとしても、買取査定に出してみる事で予想以上の査定金額が付けられる可能性があります。

 

ただし、下取りに出すのはやめてください。営業マンが口八丁で安く買い叩いてくる事が容易に想像できます。

 

愛車を高く売るなら、業者比較ができる一括査定を必ず行うようにしてください。

 

 

中古車市場は10万キロを超えた車もあるので買取査定に出しても値段は付くのでご安心ください!


 

人気車種なら高額になる場合もある

人気車種なら10万キロを越えていても高額になります

 

中古車市場で付く値段は人気車種であるかどうかという事も影響しますが、走行距離10万キロを超えた車であっても例外ではありません。

 

過走行で値段が付かないと考えられがちですが、人気車種であるがゆえの市場でのタマ数不足、または希少価値の高い車であった場合などは思わぬ高額で取引されるといった事もあります。

 

それが高年式であれば尚更そういう傾向になりますし、状態が良ければ走行距離は値段にはあまり関係が無くなります。

 

さらには人気のグレードであれば、10万キロを越えていても欲しがる人は多いんです。

 

例えばこういった車はどうでしょう。トヨタのアルファードですが20万キロを越えていても198万の値が付いています。

 

 

これは2代目アルファードのロイヤルラウンジという滅多に表に出てこない超高級グレードです。

 

通常モデルですと7〜8人乗りになるのですが、このモデルは4人乗りです。

 

しかも新車価格は何と1300〜1500万円という国産車種では考えられないほどの値段なんです。

 

ですが走行距離は20万キロを越えています。それでも約200万の値段で販売されているのです。

 

これが人気グレード及び希少車種でも10万キロを越えていても値段が付くという現象なんですね。

 

またハイブリッドカーのような人気車種の場合は「良い車は沢山走る」くらいの考えになるくらいです。

 

そもそも中古車市場での値段には人気というところも加味されています。需要があれば値段も上がると考えておけばよいでしょう。

 

逆に、どれだけ高年式で状態が良くても人気が無ければ値段は付かない事が多いですし、市場に流れているタマ数というのも相場に大きく影響されます。

 

そういった中でも人気車種というのは欲しがる人が多いですので、入荷して即売れるという事もありますし、本当に欲しがっている方などは走行距離をあまり気にしないという方も多いのです。

 

ですので需要の方が多い人気車種であれば、走行距離が10万キロを超えていても中古車市場では買うにも売るにも意外な高額になる場合もあるのです。

 

もしも乗り換えを検討している愛車が10万キロを越えていたとしても、人気や需要のある車だったら間違いなく値段が付きます。

 

高額で売りたい場合はこちらの一括査定をご利用ください⇒人気サイトGooの一括買取り査定

 

 

需要や人気車種なら思わぬ高額が付く事も多々ありますので1度査定をしてみてくださいね!



TOPへ戻る