MENU

車の買取時に必要書類を紛失して見つからない時

車の買い取りに必要な書類を紛失した時

 

車の買取査定で納得の査定額が出て、いざ書類を用意しようとした時に見つからないという人が意外といます。

 

ですが見つからない場合は再発行が出来るので安心してください。

 

基本的に車の買取において必要な書類は車検証・自賠責の証明書・納税証明書の3つになります。

 

住民票や印鑑証明は役場で取得する事が出来るので今回は省かせていただきます。

 

3つの書類をそれぞれ再発行する場合、どこでどのようにして、何を用意しておけば良いのかを解説していきます。

 

売却が決まった際、売却の意思を固めた際には先に書類を用意しておきましょう。

 

 

 

車買取り時に必要な書類の再発行方法を紹介します


自動車検査証

自動車検査証の再発行

 

車が道路を走る為には、定期的に整備点検をして安全性を証明する必要があります。

 

その検査に合格したことを証明するのが自動車検査証ですが、売却しようとした時に紛失していることに気がついたら、再発行の手続きが必要になります。

 

方法としては、自分で再発行の手続きをするやり方と購入した店などに頼むやり方があります。

 

自分で手続きをする場合は、再発行をする理由を書いた理由書、申請者の身分証明書、手数料納付書、再交付申請書を揃えて、お店などに頼むのであれば使用者の委任状と理由書を用意します。

 

もしも自動車検査証が破れたり汚れたりして一部が残っている状態ならばそれも一緒にまとめておきます。

 

手数料納付書、申請書は運輸支局でもらうことが出来ます。

 

そして手数料となる印紙も運輸支局で購入できるので、それを手数料納付書に貼り付けて、必要書類をそろえて窓口に提出します。

 

書類に不備がなければ再発行してもらえます。

 

店に代行してもらうときには、書類を渡して自動車検査証が届くの待つだけです。

 

代行業者に任せると数千円の手数料が追加で必要になるので、手間を取るか費用の節約を取るか、よく考えましょう。

自賠責保険証明書

自賠責保険証明書の再発行

 

自賠責保険は、車やバイクを所有するならば必ず加入していなければならない保険です。

 

売却したいけれども書類をなくしたというときには、当然ながら保険会社に連絡をして再発行をしてもらうことになります。

 

しかし任意保険と違って、保険料や保証内容を比較検討して加入したわけではないので、どこに加入をしたのか認識していないこともありえます。

 

そういうときには、車を購入した店に尋ねてみましょう。大抵の場合は、その店が付き合いのある保険会社に加入をしているからです。

 

保険会社に連絡をするときには、最寄りの営業店に印鑑、運転免許証などの本人確認書類を持参して手続きをします。

 

代理店を通じて契約をしたとしても、再発行の手続きはその代理店では出来ません。

 

自賠責保険証明書は車を運転するときには持っておくべきものなので、普通はグローブボックスに保管しておくので紛失・盗難のリスクは考慮しておかなければいけません。

 

再発行をスムーズにするためにも、コピーを取って家に保管しておくほうが良いでしょう。

 

自動車納税証明書

自動車納税証明書の再発行

 

車を所有しているオーナーが納めなければいけない自動車税ですが、納めたということを証明するのが自動車納税証明書です。

 

もしも売却しようとした時に書類を紛失しているのであれば、再発行の手続きをしましょう。

 

各都道府県に設置された自動車税管理事務所あるいは運輸支局にある自動車税事務所にて手続きが可能です。

 

軽自動車の場合は住んでいる地域の役場にて即日の再発効が可能です。

 

自動車検査証(場所によっては登録番号と納税義務者の記入だけでも可)、自動車税納付より10日以内であれば、納税時の領収書原本、他には印鑑や身分証明書も必要になる場合があります。

 

必要書類を揃えて、窓口にいけば、再び自動車納税証明書をもらうことが出来ます。

 

もしも、引越しに伴って車の売却を考えているときには、自動車税事務所に連絡をして車検証のコピーや返信用の封筒・切手などを送れば、新しい自動車納税証明書を郵送してもらえます。


TOPへ戻る