MENU

車の買取時に必要な書類と入手できる場所について

車の売却時に必要な書類は複数あります。

 

これらの書類は売却前に用意しておくと後々手続きがスムーズに進められるようになります。

 

もしも紛失してしまった場合でも再発行する方法も併せてご紹介していますので、ご安心ください。

 

以下より必要な書類の内容となりますのでご参考ください。

 

 

車両売却に欠かせない書類の一覧になります。


自動車検査証

自動車検査証

 

自動車検査証は、保安基準に適合している事を証明する公文書で、車検を受けた際に交付されます。

 

交付された自動車検査証は、車を運転する際には、必ず車に積んでいなければいけません。

 

そのため、車を買取に出す際に、簡単に用意できる書類の一つでもあります。

 

しかし、買取り当日に車から出せばいいわけではなく、事前に確認しておくことが大切です。

 

万が一、紛失してしまったなどの事態も考えられます。

 

紛失していることがわかった場合には、速やかに運輸支局で再発行してもらうようにしましょう。

印鑑登録証明書

印鑑登録証明書

 

印鑑登録証明書は、軽自動車を購入するときには必要ありませんが、普通乗用車を購入するときには必要になります。

 

また、普通乗用車を買取してもらう際にも印鑑登録証明書は必要なので、用意しておかなければいけません。

 

印鑑登録証明書は、お住まいの自治体の役所で申請することで手に入れることができます。

 

その際、休日以外の役所が開いている時しか発行ができないので、余裕をもって入手しておくことが大切です。

 

また、発行には数百円かかるのでその点も覚えておきましょう。

自賠責保険証明書

自賠責保険証明書

 

車検時に次回の車検までの加入手続きを行うものが、自賠責保険になります。

 

自賠責保険証明書は多くの場合、自動車検査証と同じところに置いていたりするので、一緒に用意することができます。

 

この書類も買取りしてもらう際にはなくてはならないものであるので、必ずあることを確認しておきましょう。

 

自賠責保険証明書を紛失してしまっている場合は、加入した保険会社に連絡をして、速やかに再発行してもらうことが必要です。

 

再発行にはしばらくかかるので、早めに確認することが大切です。

自動車納税証明書

自動車納税証明書
自動車納税証明書は、毎年納税することにより送付されてきます。

 

その際には、自動車検査証と一緒に保管をするので、すぐに見つけることができます。

 

しかし、納税をしていなければこの書類は送られてこないので、買取りに出すことができないので注意が必要です。

 

自動車納税証明書を再発行してもらうときは、各都道府県の税事務所で行います。

 

また、軽自動車の際には申請する場所が違い、役所で再発行してもらうことになります。

 

再発行の際にはその点に注意をして、間違えないようにしましょう。

リサイクル券

リサイクル券

 

自動車リサイクル料金を預託している場合、証明するための書類が必要となりますが、それがリサイクル券になります。

 

リサイクル料金は、車を廃棄する際に必要になる費用であり、前払いが義務となっています。

 

その為、車を購入した際にはリサイクル料金を払っています。

 

大抵は、自動車検査証と一緒にリサイクル券は保管しているはずです。

 

しかし紛失してしまった場合は、自動車リサイクルシステムホームページの自動車リサイクル料金の預託状況をプリントして、リサイクル券の代わりにします。

振込口座情報

振込口座情報

 

車を買取に出した際に、その代金の支払い方法は基本的に口座振り込みです。

 

そのため、振込口座情報を用意しておくことが大切です。

 

振込口座情報は、口座番号などがわかれば良いので通帳かキャッシュカードを用意しておきましょう。

 

また、その際には、いつ振り込まれるのかも確認しておくことが大切です。

 

買取りしてもらっても、振り込みがないと不安になります。

 

そのようなことがないように、引き渡しの際に何日に代金が振り込まれるのか聞いて確認しておきましょう。

実印

実印

 

普通自動車を購入するときも、売却するときも実印が必要になります。

 

そのため、初めて購入する際には実印を登録しておくことになり、その後も使うことになります。

 

実印は家で保管している場合が多いはずですので、きちんと探して用意しておきましょう。

 

紛失した際には、手続きが大変です。役所に紛失した旨を伝えて、紛失届を提出します。

 

その後、新しい実印を用意して改印届を提出することになります。

 

この際、新しく実印を作ることに時間がかかったりするので、余裕をもって対処しましょう。


TOPへ戻る