MENU

車買取りの時に希望金額で売りたい

車買取りの時に希望金額で売りたい時に

 

車の買い替えで売却する時に一番最初に考えるのは「どのくらいの金額でうれるんだろうか?」と言う事ではありませんか?

 

買い替えの場合は下取りと言う便利なシステムがあるのですが、実は下取りでは一番高く売る事は出来ません。

 

そして過去に下取り査定の金額を見て「こんな値段にしかならないのか…」とガッカリした経験をした方は実は大勢いるのです。

 

やはり今まで乗ってきた愛車を買取りしてもらう時は高く売りたいと言うのが本音ですよね。

 

ですが、どうやれば愛車の買取価格を一番高くする事が出来るのかが分からずに、仕方なく下取りに出してしまうケースは否めません。

 

しかし、実は簡単に愛車の買取り査定を高くする方法があるのです。それがインターネットを活用する「オンライン一括査定」というシステムです。

 

一括査定は1度の申し込みで、複数のTVCMをしているような大手の車買取り専門業者から査定をしてもらえます。

 

この方法ですと、自ら納得いくまで査定金額を比較する事が出来て、一番高い査定額を提示した業者に売却すればよいのです。

 

また査定金額で最低額と最高額の開きが50万円以上の差があるケースも実際に起きています。

 

だからこそ試してみる価値のある車買取り査定となります。下取りに出す前に必ず一括査定をお試し下さい。

 

 

一括査定を行うと希望金額に近くなる可能性が高まりますよ!


車の一括査定について

車の一括査定は非常に便利なシステムとなっています。

 

そこで内容をまだ知らない方に向けてご紹介いたします。

 

車買取りの一括査定の内容、メリット、デメリットの3つについて簡単に纏めました。

 

以下からそれぞれの項目をご参考ください。

 

 

一括査定の詳細およびメリットとデメリットを知っておくと便利ですよ!


車の一括査定って何?

車の一括査定の内容

 

車の一括査定というのは、一回の申し込みで複数の業者に査定の依頼をすることができるシステムです。

 

これによって、何度も同じ依頼を複数の業者にする必要がなくなるので、手間が大きく省けることになります。

 

ネットから申し込みをするのが、車の一括査定の一般的な方法です。

 

ネットはこうした同じ作業を繰り返すというような場合には、無駄なことを省くには最適なツールということになるのでしょう。

 

複数の業者に査定を依頼する理由としては、車を高く売るためで、業者に適正な競争を促すためです。

 

業者は出来るだけ安く買いたいと考えるので、競合他社がいないとすぐに査定額を低くするようになります。

 

こうしたことを避けて、業者に適正な価格を提示させるようにするのが、この一括査定の目的ということになるのでしょう。

車の一括査定のメリット

車の一括査定を行うメリッとは?

 

車の一括査定のメリットは業者に適正な価格を出させることが出来ることです。

 

車を高く売りたいと考えている人にとっては正にうってつけのシステムということになるのでしょう。

 

業者はこのシステムを利用されると査定額が複数の業者で競われているということに気づくので、適正な価格を提示するようになります。

 

どんな取引でも競争相手がいるのといないのとでは、その価格は大きく変わることになります。

 

車の一括査定で査定依頼が来ると、業者はライバルがいることを意識せざるを得ませんから、競争できる価格を提示することになります。

 

ある意味では、この車の一括査定のシステムというのは適正な競争を促すようになっているということになるのかもしれません。

 

それが利用者にとっては最大のメリットです。もちろん手間が省けるというのもメリットの一つです。

車の一括査定のデメリット

車の一括査定を行うデメリットは?

 

車の一括査定のデメリットとしては、自分で業者を選ばないということがあるかもしれません。

 

ここに売りたい、というような自分のこだわりのようなものがある場合には向きません。

 

ただ、ほとんどの人が車を売るような時には、売る場所はどこでもよくて、出来るだけ高く買って欲しいというのが本音でしょう。

 

とすれば、このデメリットは考える必要もないことがほとんどです。

 

ただ、業者の選定が自動的になされているので、自分の考える業者が入ってこないような時もあります。

 

そうした時には自分で別途、その業者に査定をしに行く必要があります。

 

これがデメリットということになるかもしれません。

 

自分で査定業者を選ぶ必要がないというのが、このシステムのメリットですが、これが査定業者を指定出来ないというデメリットとなるともいえます。

車買取りの業者比較が最高値の近道

車買取りの業者比較が最高値の近道です

車買取りの業者を比較して賢く最高値を出しましょう。

 

車を普段から売買して利鞘を得るという人であれば、車買取り業者の3つや4つとはかなり密な取引があるとは思います。

 

ですが私たち素人からすると車買取り業者にアクセスするだけでもどこか敷居が高いように感じられるのも事実です。

 

しかし、オンライン中古車査定サービスであれば基本的には無料で全国各地の車買取り業者のリアルタイムでの査定額を入手することができるという点でメリットはかなり大きいといえます。

 

また単一の車買取り業者の査定額ではなく、複数の車買取り業者の査定額を比較することができるという点で、メリットはますます大きくなるということがいえます。

 

しかも複数といっても2つや3つだけではなく、中には10社以上の車買取り業者の査定額を比較することができるというオンライン中古車査定サービスも存在していますので、少しでも高く愛車を売りたいと考えるオーナーさんであれば、そういった比較の対象が多ければ多いほど、理想のサービスということになるのではないでしょうか。

 

また、オンライン中古車査定サービスの場合、車買取り業者に関する知識がない、比較的ビギナーさんにとっても使いやすいサービスであるといえます。

 

というのも、オンライン中古車査定サービスは基本的に無料で利用できるにもかかわらず、サポート体制も比較的充実しているからです。

 

だからこそ、車買取り業者についてかなり精通している人だけでなく、そうした経験が少ないオーナーさんからの支持も高いのが、オンライン中古車査定サービスの特徴のひとつになっているのです。

車買取りの一括査定はここでできます

車買取りの一括査定をするならココがオススメ

車買取り査定を無料で実施することができるオンライン車査定サービスが近年非常に高い人気となっています。

 

何しろ無料で、しかも素早く愛車の査定結果をゲットすることができるわけですから車を売りたいという人にとってみれば、この手のサービスは非常に有効なのです。

 

中古車を購入するときには、「できるだけ安く買いたい!」という思いもありますし、逆に自分の車を売却する際には、「少しでも高く売りたい!」という気持ちが一様に強くなりますよね。

 

そんな時に車買取り査定ができるのがこちらのオンライン査定サービスです。

 

 

一番高い金額を出す方法ですが、上記の3つのサービスを併用して比べてみるのがオススメです。

 

これなら数十社の車買取り業者の査定金額が分かりますので、売却したい希望金額により近づける事が出来ます。

 

車を売るときには専門業者に売却するのが一番高く売れるのですが、1社毎に訪問していては時間も膨大に掛かって無駄になってしまいます。

 

そんな時こそオンライン査定サービスなのです。わずか5分ほどの申し込みで複数の業者の査定金額が出るので手間いらずで便利なのです!

買取りと下取りの違い

買取りと下取りの違いについて簡単に解説します。

 

車を乗り換えるなどの目的で、現在乗っている車を売りたいと考える人は少なくありません。ぱっと思いつくところでは、ひとつに「買取」という方法があります。そしてもうひとつが、「下取り」という方法になります。

 

ですから、車を売る方法としては、主にこれらのふたとおりになるということがいえるでしょう。ただ、ここで気になるのが、「買取」と「下取り」とではいったいどう違うのか、というところです。

 

買取も下取りも、どちらも同じであると考えている人もいるようですが、結論を言えば車買取りと下取りとでは根本的に異なるということになります。

 

私たち売る側からすれば、どちらも同じように感じられるかもしれません。何しろ、今まで乗っていた車を手放して対価を手にすることができるという点では完全に共通する部分です。それゆえ、「どちらも同じ」と感じられる人も、確かにいて不思議はありません。

 

では、まずはこれらそれぞれの定義づけをしっかりしておこうと思います。

 

まずは「買取」ですが、これはその文字通り、中古車関連の業者や店舗に現在乗っている車を買い取ってもらうことを指します。

 

これに対し、「下取り」のほうは、車に乗り換えるときに、新しい車を購入する業者や店舗に現在乗っている車を買い取ってもらい、その売価を新しく購入する車の代金の一部に充てるという事になります。

 

つまり、あくまでも次の車を買うということを前提として、そのお店で買い取ってもらうケースが「下取り」ということになります。

 

そして、その後新しい車に乗るか乗らないかは不問であり、もし次の車を買うとしても、それについても特にそのお店は関与しないというケースが、「買取」ということになります。

高額査定を引き出す6つのポイント

愛車の高額査定を出すためのポイント

 

査定を行う際に査定員が特に見ている6つのポイントをご紹介いたします。

 

以下に纏めた項目は査定金額に大きく影響する部分ですので、知っておいて損はしません。

 

特に大事なのは外装と内装のコンディションです。できるだけ綺麗な状態の方が査定金額はアップしやすいからです。

 

そして走行距離も査定に影響しますが、これは車種によっては走行距離が多くても高額査定が付くケースもあるのです。

 

そこで、高額査定を出すための6つのポイントとしてまとめましたので、ご参考ください。

 

 

高額査定を得るための6つのポイントは必見ですよ!


見た目の綺麗さ

見た目の綺麗さが大事です。

 

車を売却するときには、出来るだけ高額査定をしてもらうための工夫が必要です。

 

査定前にかならずやっておきたいのが洗車とワックスです。

 

車の性能には見た目は関係ないと思うかもしれませんが、査定をする業者の印象が良くなることで、若干ですが査定額に上乗せされることがあります。

 

それに綺麗な車であれば、次の買い手がすぐに見つかるので、業者としても扱いやすく利益が出しやすいと判断されて高額査定になりやすいのです。

 

なにより、土埃や泥、鳥の糞にまみれた車だと、それだけで高額査定どころか反対のマイナス査定になってしまう恐れがあります。

 

それだけ汚れているということは、荒っぽい運転をして、目に見えないパーツにも問題が生じている可能性があるからです。

 

愛車を大事に扱ってきたということをアピールするためには、手間を掛けても見た目を綺麗にしておいたほうが良いのです。

 

そこで査定に出す前には必ず洗車とワックスかけを行うと見た目の印象が良くなるのでおススメです。

外装の傷がない

外装の傷がないと高評価

 

洗車やワックスで車の見た目を綺麗にしたとしても、傷だけは消せません。

 

小さい傷であれば業者に見逃して欲しいところですが、プロの目をごまかすことは難しいでしょう。

 

もちろん、日頃から安全運転をして外装を購入した時のような状態にすればよいのですが、車の運転では、思わぬ出来事が起こりがちです。

 

査定前に傷がついている箇所にコンパウンドクリームを塗ったり、タッチペンで塗装したりすれば良いのか悩むところです。

 

自分で補修しておくべきかどうかは、傷の深さで考えましょう。塗装の本当に表面だけに出来た傷であれば、自分の手で簡単に修理ができます。

 

しかし、塗装部分を超えて鉄板まで及んでいるような場合、補修をするとなれば、かなり削らなければいけないので、手間と時間がかかります。

 

かといって、これから売るものを修理業者に出すというのも料金がかかりますから、大人しくそのままにしておくほうが良いでしょう。

 

もし修理したとしても、その費用は査定に加算される事はありませんので、売却を決意している場合は査定額は下がりますが、余計な費用はかからずに済みます。

内装の綺麗さ

内装の綺麗さも高評価

 

車を売却するときに、高額査定をしてもらうためのポイントの1つとしては内装を綺麗にしておくことがあります。

 

例えば、シートには食べかすやタバコで出来た焼け焦げがついていないことや、フロアマット、トランクマットが泥だらけではないこと、ダッシュボードも傷が付いていないことなどが挙げられます。

 

フロアマットなどであれば、洗濯することが出来ますが、内装から外すことが出来ない部分は車に乗っているときに、タオルや除菌スプレーを使って清潔な状態を保つようにしておくのが良いでしょう。

 

それから目に見えない部分でもタバコの臭いというのは吸わない人にとって悪臭ですからすぐにわかります。

 

車を将来的に売却することを考えて、最初から禁煙車にしておくようにしましょう。

 

実際に禁煙車の方が喫煙車よりも査定が高くなる傾向になります。それだけ煙草の匂いを嫌がる人は多いのです。

 

もちろん、食べ物など他の臭いが充満してもいけないので、カーショップで車の消臭剤を購入し、常に置いておくと良いでしょう。

 

内装は傷と汚れ、そして臭いの3つを気を付けておいてください。

走行距離が少ない

走行距離は少ない方が高評価です。

 

走行距離は愛車の査定金額と深く関わっています。

 

これは何故かと言うと、車というのも一種の消耗品で、エンジンやタイヤなどあらゆるパーツは使えば使うほど、年数が経てば経つほど劣化していきます。

 

買取業者は、買い取った車をそのまま売るか、消耗したパーツを交換をして売るかの違いはありますが、使えるものを求めています。

 

走行距離が多いと、それだけ車を使っているということになりますから、各部品の劣化が進んでいる事を意味します。

 

消耗品の交換を前提とした場合の車に高額査定をする業者はいませんから、その分査定額は下がってしまいます。

 

一般的に1年間に走る距離が1万キロであれば、平均的と言われています。

 

もしも、この目安よりも走行距離が増えてしまうと、それだけ査定額が減ることになりますから、日頃から走行距離には注意を払っておきましょう。

 

ただし、爆発的な人気のある車種や希少価値の高い車種ですと走行距離が10万キロを越えていようが買取金額が高い場合もあります。

 

走行距離は特に査定金額に影響するポイントなので、必要ない時は車に乗らないといった対策も行うと良いでしょう。

最上位グレード

最上位グレードは人気があるので高評価になります。

 

車は最上位グレードであれば、性能も高いですが、それだけ値段も高くなります。だから、予算の関係でグレードを下げてしまう人は少なくありません。

 

基本的に最上位のグレードですと、内装のシートの素材が革製だったり、オーディオが高級品だったりするものが多いのが特徴です。

 

しかし、車の売却を考えるのであれば、最上位グレードには人気が集まり、高額査定になりますから、購入時の代金が高くても売却時に元を取るという考えもできます。

 

もちろん、最上位グレードを購入しても、使わない機能が搭載されていて、結局乗りこなせなかったということもありますから、そのリスクも考慮しておく必要があります。

 

グレードで迷っているのであれば、実際に車買取り業者のサイトを見て、最上位グレードと中間グレード、最下位グレードでどれだけ価格が変わってくるのかを調べてみましょう。

 

そうすれば、人気のグレードは値段が下がらないというような事情を知ることも出来ます。

 

最上位のグレードと一番低いグレードでは査定金額に数十万の差が出るケースもあります。

アフターパーツ

アフターパーツのアピールを行う。

 

車の買取をしてもらうときに、高額査定になり得る要素としてアフターパーツがあります。

 

特に査定に影響しやすいのがオーディオ・ナビ・ホイールです。

 

例えばオーディオをもともと車についているものではなく、カーショップなどで購入した高級オーディオにしていると、査定額が高くなります。

 

さらにカーナビとオーディオが一体になっているタイプだと、人気が高いのでさらに高額査定になりやすいのです。

 

また車内だけでなく、車外に取り付けるアフターパーツにはホイールやエアロパーツがあります。

 

ホイールの場合、ミニバン系やスポーツ系の車種ですと比較的査定がプラスにやりやすい傾向になります。

 

ただし、買取業者によっては純正ホイールの方が良いと言う場合もありますので、もし出来る事なら純正ホイールを保管しておくと良いでしょう。

 

デザイン性や性能が良いものだとやはり査定額に影響が出てきます。査定をするときには業者に、こだわったアフターパーツをアピールすると良い結果が得られる可能性があります。

 

ただし、純正パーツが人気ということもありますから、自分なりのこだわりを持って交換したという場合には、査定前にもとに戻しておく方が良いでしょう。

 

また注意が必要なのがマフラーです。音量規制を越える爆音系ですと車検に通らなくなりますので買取り業者が嫌がります。

 

車検対応のマフラーですと安心して車検も通す事が出来るので大丈夫ですが、もし純正マフラーがある場合は純正に戻しておくのが無難と言えます。

 

アフターパーツは査定額を上げる物もあれば、下げる物もあるので事前に調べておくことをおススメします。


TOPへ戻る